ご挨拶

2018年度の日本認知心理学会第16回大会は、日本認知科学会第35回大会と共同して、立命館大学大阪いばらきキャンパスで開催いたします。両学会の大会が連携して開催されたのは2006年中京大学での認知心理学会第4回大会(認知科学会第23回大会)となります。その後幾度か合同でという話もありましたが、時期や開催校の折り合いがつかず現在に至っていたと聞いています。このたび立命館大学が二つの大会をお引き受けすることとなり、ならばぜひということで「認知研究の対話と展開」というテーマのもと、合同開催の運びとなりました。

期日は、認知心理学会は9月1日、2日の2日間、認知科学会は先行する8月30、31日、9月1日の3日間です。9月1日は両学会「相乗り日」です。この相乗り日には、日本認知科学会大会にも無料でご参加いただけます。また、相乗り日以外にも日本認知科学会にご参加の際には、お得なジョイント・チケットもご用意しております!ぜひ両方にご参加いただき、同じ関心を少し異なる視点で眺め対話し地平を広げていただければと思います。認知心理学会は例年6月に行われているところ、9月になりましたことをご理解いただけましたら幸いです。

大阪いばらきキャンパスは、新大阪から10分、京都から30分のJR茨木駅から徒歩7分という恵まれた立地にあります。どうぞ皆様、是非、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

日本認知心理学会第16回大会

準備委員会委員長
仲真紀子(立命館大学総合心理学部)
名誉委員長
佐藤隆夫(立命館大学総合心理学部)
事務局長
永井聖剛(立命館大学総合心理学部)
副事務局長
都賀美有紀(立命館大学総合心理学部)
プログラム委員会委員長
河原純一郎(北海道大学大学院文学研究科)
        
ページの先頭へ