発表申込

発表申込期間:2018年3月26日(月)~2018年5月15日(火) 5月22日(火)
大会発表論文集原稿提出期限:2018年6月15日(金)

研究発表の要領

1 形式

口頭発表またはポスター発表です。使用言語は日本語もしくは英語です。

2 発表の要件

大会発表論文集への論文掲載と、大会当日の研究発表の2条件を満たすことによって、公式発表と認められます。

3 発表者の資格

  1. 研究発表者
    発表申込みの時点で学会の会員であり、年度会費の滞納がないことが条件になります。研究発表者(第1著者)になることができるのは一人につき1つの発表に限られます。発表当日において年度会費が未納である場合は、発表取消になりますのでご注意ください。
  2. 連名発表者
    非会員でも連名発表者になることができます。
  3. 発表臨時会員(学生)
    本学会は、大学院生以上でなければ会員となることができません。しかし、学部生あるいは2018年3月にご卒業の方は、「学会員である指導教員等が連名発表者となる」ことを条件として、発表臨時会員として発表をすることができます。ふるってお申込みください。
  4. 社会連携発表臨時会員
    本会会員ではない方が、認知心理学に関連する業務・研究・実践を行っている場合、臨時発表会員になることができます。原則として正会員との連名の発表、もしくは正会員の推薦を必要とします(どうしても推薦を受けることが難しい場合は、大会準備委員会事務局にご連絡ください)。準備委員会による発表論文集原稿の査読を行い、その結果採択となった場合に、社会連携臨時発表としてご発表いただけます。

4.発表者へのご案内

⼝頭発表
  • 発表時間は18分(発表14分,質疑応答4分)です。
  • 発表に使⽤するPCは各⾃でご⽤意,ご持参ください。
  • 各会場に,備え付けのPC(Windows, PowerPoint 2016 インストール済)が設置してあります。
  • 発表では,会場のAVシステムにPCを接続して講演していただきます。HDMI接続ならびにVGA接続をご利⽤いただけます。変換アダプター,PCとのコネクターが必要な⽅は,各⾃でご準備ください。
  • セッション開始10分前までに,⼝頭発表会場にお越しください。
  • セッションが始まる前までに,会場AVシステムとの接続確認ならびに正⾯スクリーンとモニタへの映写確認を⾏ってください。
  • 補⾜資料の配布を希望される⽅は,各⾃でご⽤意いただき,発表前にご⾃⾝で配布をお願いいたします。事前の預かり及び⼤会本部でのコピーは致しかねますのでご了承ください。
ポスター発表
  • ポスターの⼤きさは,横90cm×縦170cm 以内としてください。
  • ポスターの掲⽰に必要なピンは,各ポスターボードに備え付けてあります。
  • ポスターは当⽇のポスターセッション開始1時間前より掲⽰できます。発表者はポスターセッション開始時間までにポスターを掲⽰し,ポスターセッション終了1時間30分後までにポスターを回収してください。
  • ポスター発表会場内でのデモ⽤PC等の充電はできません。
  • 準備委員会へのポスターの回収,処分依頼は承りません。ポスターは必ずご⾃⾝で回収し,お持ち帰りください。
  • 本⼤会では,ポスターセッション中に休憩時間を設けております。ポスター発表者は下記の在席責任時間以外の時間に,適宜昼⾷をお取りください。
  • ポスター発表の在席責任時間は,以下のとおりの45分間といたします。
    pP1:奇数番号 12:00-12:45 偶数番号 13:45-14:30
    pP2:奇数番号 11:30-12:15 偶数番号 13:15-14:00
英語セッション(⼝頭・ポスター)発表
  • ⼝頭(英語)発表では,発表時間内は質疑応答まで含めて英語でお願いいたします。
  • ポスター(英語)発表では,在席責任時間内は質疑応答まで含めて英語でお願いいたします。
  • 発表者は,⽇本語で質問を受けた場合にも,英語セッションとしての発表であることを質問者にご理解いただいたうえで,英語での受け答えをお願いいたします。
  • 質疑応答も含めて,⼤会優秀発表賞国際性評価部⾨の審査対象となります。
⼤会優秀発表賞
  • ⼝頭発表,ポスター発表ともに,⼤会優秀発表賞の対象になります。
  • 優秀発表賞の推薦のお願い
    ⽇本認知⼼理学会会員の⽅は優秀発表賞の推薦ができます。受付にでお渡しする推薦⽤紙にご記⼊のうえ,会場受付もしくは休憩所等に設置している推薦箱にお⼊れください。優秀発表賞には,新規性部⾨,技術性評価部⾨,社会貢献度評価部⾨,発表⼒評価部⾨,国際性評価部⾨,総合性評価部⾨の6部⾨があります。詳しくは推薦⽤紙をご覧ください。

申込方法

第16回大会で発表を希望される方は、参加申込ページより参加申込をお済ませの上、下記の発表申込ボタンより発表申込フォームにお進みください。
原則として、発表者となるためには日本認知心理学会の会員であることが必要です(社会連携臨時発表会員ならびに学生臨時発表会員を除く)。入会をご希望の方は、2018年5月末までに学会ホームページから手続きをおとりください。
日本認知心理学会ホームページ http://cogpsy.jp/

発表申込は締め切りました。

発表種別の選択

発表申込の際に、1「口頭発表かポスター発表か」、2「英語発表をするか否か」のご希望をお知らせください。
※プログラムの構成上、口頭発表からポスター発表に変更していただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
※「社会連携発表」としての登録をする場合には、該当項目を入力してください。
※英語発表については、大会発表賞・国際委員会賞部門の受賞対象となります。

大会発表抄録(abstract)の提出(5月15日 5月22日まで)

発表申込と同時に提出いただきます。発表概要は日英どちらかのみでも結構ですが、両方を登録することを推奨いたします。ただし、英語でのご発表の場合は、必ず英語のabstractを提出してください。登録されたすべての演題について、準備委員会により審査を行います。不採択の演題に限り5月31日(木)までに個別に連絡をいたします。

大会発表論文集原稿の提出方法

6月15日(金)までに、日本語もしくは英語で大会発表論文原稿を作成して提出してください。日本語で作成する場合、発表者氏名、タイトル、キーワードは日英両方の言語で記述してください。また英語でのご発表の場合は、必ず英語版の原稿を提出していただきますようお願いします。

原稿フォームのファイルは以下のボタンからダウンロードしてご利用ください。
※ご注意:特殊な文字等の場合は、フォントやレイアウトに不具合が生じる可能性がありますので、ご了承ください。ご心配の場合は、お問い合わせください。

原稿フォーム(日本語) 原稿フォーム(英語)

発表論文集原稿は下記の発表論文集原稿提出ボタンより発表論文集原稿アップロードフォームへアクセスし、提出をしてください。

原稿提出は締め切りました。

大会発表論文集は、大会サイトで公開されます。
大会発表論文集は、大会プログラムと共に7月中旬から大会ウェブサイトで公開予定です。公開方法の詳細については、大会ウェブサイトをご参照ください。

大会発表論文集は大会後にJ-Stageにて公開されます。
J-Stageは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)が構築した科学技術情報発信・流通総合システムです。詳細につきましては、次のサイトをご覧ください。

J-stage http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

ページの先頭へ